毎月の返済額《住宅ローン》

毎月の返済額《住宅ローン》

できれば、ボーナスを当てにしない返済をするのが望ましいのですが、では毎月の支払はどのようにしていくといいのでしょうか?
これも、生活に支障がない程度というのが本音ですが、それぞれの生活の仕方によっても支障のない金額というものは違います。

 

例えば住宅ローンですが、賃貸とは違って毎月のローンと同時に固定資産税が掛かってきます。
固定資産税は物件によっても違いますし、土地の価格によっても違いますが、月あたり数万円は掛かることをお忘れなく。
よく、住宅ローンは頭金をどれだけ多く入れるかで違うというような記事を見かけますが、その通りだと思います。
最低でも物件価格の2割は必要だと考えておきましょう。
3000万円の物件ですと600万円は頭金を準備しましょう。
これは最低価格であって、多いに越したことはありません。
その方が、借り入れ額が少なくて済みますし、となると月の支払いも少なくて済みます。

 

よく、「○万円の家賃を支払うなら家購入で同じ金額を支払って家購入した方がいい」
というような広告を見かけますが、あれを鵜呑みにするのもよくありません。
賃貸と持ち家では掛かる費用に違いがありすぎますので、よく考えてローンを組みましょう。
よく、「銀行から借りることのできる金額」を目安に家を購入する人が多いのですが、
「銀行に返すことが可能な額」逆から考えてローンを組みましょう。
毎月いくらくらいの返済が可能か?を考えると年間の支払額も出てくるでしょう。